スズメバチ駆除を自分で行う場合のリスク【刺された時の怖い症状】|Insects Removal

蜂の危険性を知っておこう

スズメバチは毎年多く発生し、特に七月から十月に活動します。その中でも特に活発なのが、八月から九月にかけてです。蜂は自分でも駆除するの事ができますが、油断をしていると刺される危険があるので油断するのは危険です。蜂の被害で一番怖いのは刺された時に起こるアナフィラキシーショックです。アナフィラキシーショックは必ず起こるとは限りませんが、人によっては刺された時に重症化し血圧低下からの意識不明に陥り命を落とすこともあります。そんなアナフィラキシーショックの症状にはどんなものがあるのでしょうか?症状を知っておきましょう。

蜂に刺された時のアナフィラキシーショックの症状

  • 息がしにくい
  • 喘鳴
  • 嘔吐
  • めまいや痙攣
  • 意識が朦朧とする

身近にいるなら駆除は必須

蜂の巣

いろいろな害虫が世の中に存在しますが、身近でもっとも危険なものといえば、スズメバチだといえるでしょう。おしりの部分に毒針を持っているため、刺されてしまうと、大きな痛みを感じることになります。痛みだけならば、まだ良いのですが、間隔を開けて2回以上刺された場合はアナフィラキシーショックを起こす可能性があります。それは生命に危険を及ぼす状態なので、身近に巣があるのなら、スズメバチ駆除をしなければいけません。

軒下に巣を作る可能性

蜂

羽があり、どこにでも飛んでいけるスズメバチは、どこの家の軒下でも巣を作る可能性があります。つまり、いつの間にか自宅の軒下に、スズメバチが巣を作っていて、出入りしていることも十分にあり得ます。そして、自宅の軒下にできた巣の中のスズメバチは、隣人にも被害を加えてしまう可能性も考えられます。そうなると、かなり大きめの近所トラブルとなるので、自身のためにも巣を見つけたらすぐに、スズメバチ駆除を行ったほうがよいでしょう。

安全性を考えよう

蜂

スズメバチ駆除を行うとき、巣の撤去をする人間は攻撃の対象となるので、絶対に刺されないように防御策を講じなければいけません。アナフィラキシーショックが起こらないとしても、大量のスズメバチに刺されてしまっては、命に危険が及んでしまうからです。もしも、安全性や効率を考えるなら、スズメバチ駆除業者にお願いしたほうがよいでしょう。費用は発生しますが、痛みや腫れに苦しんだあげく、医療費を支払うことになるよりはずっと良いのです。

専門業者を選ぶ

蜂

確実に手早く退治してもらいたいのなら、害虫駆除業者を選ぶのではなく、スズメバチ駆除を専門とする業者に仕事を依頼しましょう。そちらなら、危険なく完璧に駆除するためのノウハウを持っているため、スズメバチの脅威をきちんと取り除いてくれます。

広告募集中